[Mac]シンプルなUIが魅力|無料のRSSリーダーアプリShrookを試してみた。

SPONSORED LINK



20120509 001

GoogleリーダーとReederっていう連携はもはや鉄板になりつつにあると言っても過言ではないですが、MacだけでRSSを閲覧するなら、ShrookっていうRSSリーダーアプリも良い感じです。

Shrook – Free RSS reader for Mac OS X
ダウンロードはこちらから

インスト-ルすると立ち上がってきます。

20120509 003

早速Feedを追加してみる。左下の+からできます。

20120509 004

基本4カラム

20120509 011

試しにもう1つ、最近よく読ませて貰っているブログを登録してみる。
@torizo さん主宰のブログ、iTea3.0

20120509 005

Preferencesを見てみると、このアプリを作っているサイトに登録してみました。
左のFind out moreから、登録できます。

20120509 013

すると、web上でも閲覧することが出来るようになります。

20120509 015

このアプリが他のRSSリーダーアプリと違うところは、このアプリからtwitterのツイートができます。
まず、Preferencesから連携させます。

20120509 014

赤枠部分もしくは、shift+command+T

20120509 016

すると、ツイート画面が出てきます。

20120509 017

twitterと連携を取った時点からのツイートも表示されます。

20120509 018

これだけの機能をもって、無料っていうのが良い感じです。ご興味のある方はぜひ是非^p^/

しばらくの間、Macの無料アプリをご紹介していきます。最後にはまとめてみたいと思います。いくつまでできるかわかりませんが、200コぐらやってみたいと思っています。


SPONSORED LINK




コメントは受け付けていません。

トップへ


track feed trackfeed