[Mac]Mac使いにはかなりお勧め|Macで写真集を作ってみた

SPONSORED LINK



先日東京ディズニーランドに行ってきました。ちょうど爆弾低圧に見舞われて、電車が止まって、舞浜駅まで後2駅だったんですけど、そこからタクシーで行きました。2駅なのに、タクシー代が5000円ぐらいだったのには、ビックリしました。

そこで、撮った写真をアルバムとして作ってみたかったので、iPhotoの機能を使って、アルバムを作成する手順を書いてみます。手順がわかればサクサク進んでいきますので、皆様も作ってみてはいかがでしょうか?!

アルバムを新規作成

スクリーンショット 2012 04 06 18 13 09

出来上がったアルバムの名前を新規アルバムから変更します。今回は「2012/04/04_TDL」としましたが、ここでのアルバム名は後からでも修正できますが、実際のアルバム名になりますので吟味が必要です。

IPhoto

ブックを作成する

撮った写真をどんどん、中に入れていきます。30枚ほど入れたら、iPhotoの右下の作成をクリックし、ブックを選択します。

スクリーンショット 2012 04 06 18 22 57

種類を選ぶ

アルバムの素材を選びます。価格も違ってきますので、サイフと相談して決めます。

IPhoto 2

ちょっと発見しづらいですが、左下にあるアルバムのサイズを決めます。

IPhoto 3

  • ハードカバーXL:5300円 追加ページ150円
  • ハードカバーL:3675円 追加ページ105円

IPhoto

  • ソフトカバーL:2520円 追加ページ84円
  • ソフトカバーM:1260円 追加ページ53円
  • ソフトカバーS:525円 追加ページ32円

IPhoto

  • リングL:2520円 追加ページ84円
  • リングM:1260円 追加ページ53円

IPhoto

サイズと素材が決まったら、今度はスタイルをきめます。

IPhoto 2 1 1

下にプレビューがでるので、お好みのものにすればいいです。

決まったら、作成

IPhoto 4

すると、下のように切り替わります。

IPhoto 6

左上と左下のものは、表紙と裏表紙。そして、右上のものからブックの中身を決めていきます。このブックの題名を決めたり、テキストを入れることができます。

編集する場合は、ダブルクリックします。

IPhoto 5 1

フォントの種類、大きさなどを決めることができます。デフォルトで何かしら入っているので、それを編集していけば大丈夫です。

スクリーンショット 2012 04 11 10 05 55 png 1

もし編集し忘れても、エラーメッセージが出て教えてくれます。

IPhoto

ページを追加したければ、ページを追加するをクリック。

IPhoto 8

背景とレイアウトを決めることができます。

決まったら、ブックを購入

IPhoto 9

この後はAppleストアでお買い物するような流れで、指示に従っていけば注文完了です。
一般的に、注文から3、4日で到着するみたいです。

IMG 1143

Appleマーク

IMG 1144

表紙です

IMG 1145

表紙を開けると

IMG 1146

かわゆい

IMG 1147

シンプルなのが良い感じ。

IMG 1148

完成度はかなり高いです。

思い出の写真をご自分のアルバムに写真を入れるのも、それはそれで良いと思いますが、イベントごとに写真集として残すのはもっと良いと思います。ぜひ是非、やってみてください。


SPONSORED LINK




コメントは受け付けていません。

トップへ


track feed trackfeed