[iPhone]Gmailのアーカイブと削除の違いについてご説明

SPONSORED LINK



先日、メールを見ていて、思わぬ操作ミスをしてしまい、大事なメールをアーカイブしてしまいました。メールのゴミ箱の中を探してもないし、どうしようかと途方に暮れていたんです。

アーカイブしてもゴミ箱に直行するわけではなく、一端”すべてのメール”フォルダに入るみたいですので、事なきを得ました。

今回は、メールをアーカイブすれば、どのフォルダに入り、削除すればどのフォルダに入るかを書いてみたいと思います。

IMG_0106 例えば、件名「テスト01」をアーカイブします。やり方は、左から、右にスッと親指でなぞるとアーカイブと出てくるやり方と、右上の編集を押してチェックを打つやり方と2つあります。

前者は、1通だけアーカイブするのに、後者は複数のメールを1度にアーカイブするのに適していると思います。

IMG_0107 IMG_0108
IMG_0109 アーカイブされたメールは”すべてのメール”の中に入っています。
IMG_0110 はい、ありました。

すべてのメールフォルダの中に入っているのも見たくない場合など、ゴミ箱に入れたい場合は”すべてのメール”フォルダから、左から、右にスッと親指でなぞる、右上の編集を押してチェックを打って削除すれば、ゴミ箱に入ります。

IMG_0125 IMG_0124
IMG_0111-1 はい、入りました。
IMG_0118 また、受信トレーにあるメールを開いてから赤枠を押すと、これまた”すべてのメール”フォルダに入ります。
IMG_0122-1 すべてのメールフォルダの中に入っているメールの下の赤枠をタップするとゴミ箱に入ります。

これでiPhoneのアーカイブと削除の違いを理解できました。


SPONSORED LINK




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ


track feed trackfeed