アラサーから始めたい|N1kuch1流、ホルモンの脂を少しの工夫で少なくする

SPONSORED LINK



_MG_7046

最近よくもつ鍋食べるんです。試食なんですが、1回に5人前ほどのホルモンをスープに入れて、グツグツ煮ています。最初の頃は普通だったのですが、食べる頻度が多くなると胸焼けを起こし始めたんですよね。

ホルモンといえば、脂の乗ったコプチャンが代表的なもの。それ以外だと、テチャン、ギャラなどがホルモンに属されます。ホルモンという呼び方は昔は「ほるもの(捨てるもの)」だったからホルモンと呼ばれているみたいですね。

若いときは10人前食べようが、まったく胸焼けを起こすことはなかったんですが、これもやっぱトシですか・・・今ではかなりの確率で調子悪くなります。そんな私が胸焼けを起こさないようにする工夫を紹介します。

この工夫で1日500グラムを10日繰り返しても問題なく美味しく食べることができたので、ほとんどの方にも通用すると思います。

ホルモンの種類

上にも書きましたが、代表的なものは3つ

  1. コプチャン
  2. テチャン
  3. ギャラ

1:コプチャン

牛の小腸をコプチャンといいます。コプチャンは、脂が乗っており、その脂を味を楽しむものです。

2:テチャン

牛の大腸をテチャンといいます。脂がまったく付いていないので、女性にも人気です。

3:ギャラ

牛の4番目の胃です。赤いのでアカジなどとも呼ばれることもあり、ツウが好む部位です。

これが基本になると思います。私が今まで食べたもつ鍋には、ハツ(心臓)などが入っていました。

一般的なもつ鍋

一般的にもつ鍋は、生の状態のモツをスープに入れて煮ます。それにニラやキャベツなどの野菜を入れて煮込めば完成ですので、割と簡単にできるので人気なんだと思います。

私は生のモツを入れるのにちょっと抵抗があるんです。生のホルモンを入れると、余計な脂がスープに溶けます。ただでさえ、コプチャンには脂がたくさん付いていますので、この時出る脂が余計なんですよね。

ですから、私はこの辺を工夫しました。

私の工夫

最初にホルモンを湯煎します。

IMG_0527-1

囲った部分は、アクですのでこれは取り除きます。

5分くらいすれば十分です。でも、色的にどうもまだ食べづらい。

IMG_0535

今度はフライパンで焼きます。焼き色を付けるのと、まだ脂がちょっと多いので焼いて脂を取り除きます。

IMG_0538

この時注意しないといけないのが、ホルモンから出る脂です。この脂を捨てながら焼かないと、出る脂でホルモンが揚がってします。食感もちょっとおかしくなるので、必ず捨てながら焼いて下さい。

そうして焼き上がったホルモンをスープに入れ、野菜を入れたらできあがり。

わずか、10分ぐらいで出来上がります。

焼き色も付いて、見た目にも美味しいとおもいませんか!?

IMG_0547

シメにラーメンも入れてみました。今回は普通の麺ですが、私が気に入っている「棒ラーメン」でもいいような気がします。次はこれでやってみようかな。

IMG_0548

これでお腹満腹です。

今回のスープは塩スープです。これだと、ホルモンの味を楽しめるし、醤油や味噌スープよりもあっさり食べることができますね。

まとめ

面倒くさがらず、湯煎し焼いて下さい。食感も格段にUPしますし、見た目にも美味しく写るはず。30代以上の方は脂が苦手になってくるでしょうから、これは本当にお勧めします。

普通の方が、ホルモンをここまで食べることはあまりないかもですが、おいしさはUPします。脂質の良いホルモンでも私は胸焼けを起こすので、これが和牛ホルモンとか、国産牛ホルモンとかなら食べる気すら起こさないです。

必ずメス牛のホルモンを食べてくださいね。前も他の記事で書きましたが、他のホルモンだとクサくてしょうがないです。私はニオイでノックアウトされますモン。


SPONSORED LINK




“アラサーから始めたい|N1kuch1流、ホルモンの脂を少しの工夫で少なくする” への2件のフィードバック

  1. Johnk457 より:

    Really appreciate you sharing this post.Thanks Again. Really Great. cdddbfkaedfd

  2. Johne990 より:

    You are my inhalation, I have few blogs and sometimes run out from to brand. ebkakckfcbge

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ


track feed trackfeed