[Mac]Macでwindowsをリモート(操作)する|無料で快適なRemote Desktop Connection

SPONSORED LINK



Google Chrome

はじめに

Macを使い始めて3ヶ月が過ぎました。ドンドンMacが好きになっていっていますが、windowsじゃないと使えないソフトがあります。これを快適に操作するために、いろいろ考えたことをShareしたいと思います。

windowsじゃないとダメなアプリ

  1. windowsで作られたOffice製品の閲覧、編集
  2. ファイルメーカーを動かすためのアプリ

この2つ

1.windowsで作られたOffice製品の閲覧、編集

windowsで作られたエクセルはMacでみると、デザインがかなり崩れます。1枚で収まっていると思われるファイルは、Macのエクセルで見ると2枚目に突入してしまっています。

2.ファイルメーカーを動かすためのアプリ

ファイルメーカー自体はMacでも問題無く動きますが、システム会社さんに以前作ってもらったプラグイン的なものはwindowsでないと動かないんです。

Macでwindowsを動かす

方法としましては、主に3つ

  1. Bootcampで動かす
  2. VMWareで動かす
  3. Remote Desktop Connectionで動かす

こういうものになると思います。

1のBootcampは、再起動かけないとだめなので無理です。そうなると、2のVMWareで動かすか、3のリモートを動かすの2通りになります。

VMWare

メリット

  1. 簡単に起動できる
  2. ファイルの共有とかも簡単

デメリット

  1. 重い
  2. ネットに繋がらなくなることが頻繁にある

Remote Desktop Connection

メリット

  1. 速い、軽い

デメリット

  1. ファイル共有がしづらい
  2. 同一LAN上に空いているwindowsが必要

Remote Desktop Connectionでつなぐ

Google Chrome-1

同じLAN上のwindowsを動かすなら、このアプリがいいと思います。
DLはこちらから
Remote Desktop

Microsoft Remote Desktop Connection Client for Mac 2.1.1

今すぐダウンロード

ダウンロード

windowsの設定

リモートを許可する

コンピューター右クリック

リモートの設定

リモート

リモートデスクトップを実行しているコンピューターから接続を許可するに”チェック”

OK

windowsのパスワードを作る

コントロールパネル

ユーザーアカウント

アカウントのパスワードの作成

新しいパスワード

新しいパスワードの確認

OK

IPアドレスを知る

スタート

すべてのプログラム

アクセあり

コマンドプロンプト

“ipconfig”と、入力

表示されたIPv4アドレスを覚える

IPアドレスを固定

何かのひょうしにIPアドレスが変わってしまうのがイヤなので、IPアドレスを固定する

コントロールパネル

ネットワークとインターネット

ネットワークの状態とタスクの表示

ローカルエリア接続

プロパティ

インターネットプロトコルバージョン4

プロパティ

次のIPアドレスを使う
IPアドレス:先ほど覚えたIPアドレスを入力
次の項目からは、プロバイダーの契約書、もしくはルーターなどの取説に記載されたものを入力する

Windows側はこれで設定完了

Macの設定

Remote Desktop Connectionを起動
先ほどのIPアドレスを入力

Remote Desktop Connection

接続

Remote Desktop Connection

接続

これで、OKです。

さいごに

同じLAN上にいて、windowsパソコンが1台余っている場合はこれで快適にいけます。後は、外からwindowsパソコンに繋ぐ方法を考えたいと思います。どなたか良い方法を知っていましたら、教えてほしいです。


SPONSORED LINK




コメントは受け付けていません。

トップへ


track feed trackfeed