[Mac]フォトショップのバッチ処理なんていらない|iResizeが大変すばらしすぎる

SPONSORED LINK



はじめに

先日の記事のアプリ紹介のところに”参考サイト”へのリンクがなかったものがあると思います。

これは、私の検索の仕方が悪かったみたいで、お勧めできる参考サイトがありませんでした。リンクがなかったものは私がそのアプリをインストールし、設定方法などをご紹介したいと思います。

iResize

アプリのDLはこちら

LittleSnapper

OK

“welcome

では、実際にやってみます。

201108261-1

1:画像を選ぶ

Add one image(1枚の画像)

Add one folder(1つのフォルダー)

今回はAdd one imageを選びます。
※複数の画像を処理する場合は、わかりやすい1つ作っておいて、その中に画像をいれて”Add one folder”選び、そのフォルダをしてすれば大丈夫です。

2:サイズ設定

・Size in pixels
縮小もしくは拡大したいピクセルを指定します。
僕のブログは幅が580なので、widthにチェックを入れて580と記入

do not enlarge images(イメージを拡大しないでください)
これは、例えば幅が580ピクセルに満たない場合、拡大して580ピクセルにするかってことです。するならチェックをいれます。

3:圧縮

・JPEG compression(圧縮する)
圧縮するならチェックを入れます。

100%の画像

iResize - JPEG test

10%の画像

iResize - JPEG test

容量を気にされるのでしたら、小さい数字にします。

赤枠部分をクリックしても設定できます。

iResize - Options

別ウインドウで出てきます。

iResize - JPEG test

4:処理した画像の名前

Rename the resized images and add a sequential numbering
わかりやすい名前をいれます。デフォルトは、”Resized”です

Separator
このResizedの後に入れるのを設定できます。
空のスペース、ハイフン、アンダーバーです。

Digits
2?4まで選べますが、これは数字のことです。

画像の通りの設定なら、画像の名前は
Resized-0000になります。

保存

これでいいなら、赤枠部分をクリック。保存して終了です。

201108262

処理した画像を削除するには

201108263-1

その画像を選び、”赤枠部分”をクリックすれば削除できます。

最後に

すばらしいの一言。Photoshopのバッチ処理で画像のサイズ変更をしているなら、このアプリで解決します。

Photoshopの起動は遅いのですから、起動している間にこのアプリなら処理が完了してしまうと思います。

是非、使ってみてください。


SPONSORED LINK




コメントは受け付けていません。

トップへ


track feed trackfeed