GoogleAnlyticsを徹底活用する|基本的な見方とカスタムレポート作成法

SPONSORED LINK



始めに

グーグルアナリティクスは登場時より使っています。当時は今のグーグル+と同じで招待制たっだ気がします。

今まで、何気なく使っていましたが、ブログ記事を書くのにあたり、真剣に見直してみようと思いカスタムレポートを作成して、少しでも見やすいようにしてみました。

この記事がどなたかのためになれたら、すごく嬉しいです。

それぞれの語句の意味を知る

わかりやすそうで、わかりにくいそれぞれの語句一通り調べてみました。

合計ユニーク検索数

ユーザーがサイトを検索した回数です。1回の訪問で2回以上検索が行われた場合は1回だけ集計されます。

ページの平均読み込み時間(秒)

ページの平均読み込み時間はサンプル抽出されたページの読み込みにかかる平均時間(秒単位)で、ページビューの開始(ページへのリンクのクリックなど)からブラウザでの読み込みが完了するまでの時間です。

デフォルトのコードの場合、この値がゼロになっています。表示させたい場合、以下のソースに変更する必要があります。

<script type=”text/javascript”>
var _gaq = _gaq || [];
_gaq.push([‘_setAccount’, ‘UA-XXXXX-X’]);
_gaq.push([‘_trackPageview’]);
_gaq.push([‘_trackPageLoadTime’]);

(function() {
var ga = document.createElement(‘script’); ga.type = ‘text/javascript’; ga.async = true;
ga.src = (‘https:’ == document.location.protocol ? ‘https://ssl’ : ‘http://www’) + ‘.google-analytics.com/ga.js’;
var s = document.getElementsByTagName(‘script’)[0]; s.parentNode.insertBefore(ga, s);
})();
</script>

UA-XXXXXX-Xをご自分のキーに変更してください。また、<>を半角にしてください。

離脱率

指定したページまたは一連のページからユーザーがサイトを離脱した回数の割合です。

ページ別訪問数

指定したページ(1ページまたは複数ページ)が、1回以上表示された訪問数です。

訪問

サイトの訪問数です。詳細については、「アナリティクスの概念」のセッションをご覧ください。

直帰率

1ページだけを閲覧した訪問数(ランディング ページでサイトを離脱したユーザーの訪問)の割合です。

ページ別訪問数

サイトへの訪問中にユーザーが閲覧した平均ページ数です。同じページが繰り返し表示された場合も集計されます。

ページビュー数

閲覧されたページの合計数です。同じページが繰り返し表示された場合も集計されます。

直帰率

1ページのみを閲覧した訪問数です。

平均ページ滞在時間

指定したページまたは一連のページの平均閲覧時間です。

新規訪問の割合

サイトに初めてアクセスしたユーザーによる訪問数の割合です。

サイト滞在時間

ユーザーがサイトに滞在した平均時間です。

新規訪問数

サイトに初めてアクセスしたユーザーの数です。

再検索数

別のキーワードを使用して新たに検索するなど、再検索につながった検索の割合です。

ページ読み込み回数

ページの読み込み時間の計測回数です。

サイト内検索の利用数

サイト内検索が 1 回以上行われた訪問数です。

検索深度

検索が行われてからセッションが、終了するまでの間に表示されたページ数です。

閲覧開始数

指定したページまたは一連のページからユーザーが、サイトにアクセスした回数です。

閲覧開始数 / ページビュー数

ユーザーがサイトで初めて表示したページだった数の割合です。

検索後の時間

サイトで現在の検索が行われてから、セッションが終了または別のセッションが、開始するまでの時間です。

検索結果の離脱

サイトからすぐに離脱することになった検索の割合です。

カスタムレポートを作成してみる

201107231

メニューのカスタムレポートから、
1:そのレポートの名前を作る
2:グループ名を作る
3:データを作る
4:ディメンションを作る
ディメンション(dimension)とは何か? – 【GoogleAnalyticsの記事】
5:出来たら保存

3の”+指標を追加”が、今回のキモ
この設定を上手くすれば、表示がわかりやすくなるのです。

では、この設定を”ブログでアナリティクスを見るため”の
設定を入れてみたいと思います。

アラート、コンバージョン、トラフィックソース、その他、広告
は、必要ないと思います。

ユーザーとコンテンツが大事。

実際の設定

スクリーンショット 2011-07-24 11.34.52

レポート名:N1ku1(特に意味はありません)
名前:N1kuMeet5
指標グループ:指標グループ(名前を入れても反映されなかった)

指標グループ1

スクリーンショット 2011-07-24 11.28.47

サイトに関係するものを入れました。

  • 訪問
  • 訪問別ページビュー
  • ページビュー
  • 離脱数
  • 直帰数
  • 直帰率
  • サイト滞在時間
  • 平均サイト滞在時間

この設定を入れるとこう見えます。

スクリーンショット 2011-07-24 11.03.50

指標グループ2

スクリーンショット 2011-07-24 11.29.04

ここは、ページに関係するものを入れました。

  • ページ別訪問数
  • 平均ページ滞在時間

この設定を入れるとこう見えます。

スクリーンショット 2011-07-24 11.31.39-1

指標グループ3

スクリーンショット 2011-07-24 11.29.13

ここは、新規に関係するものを入れてました。

  • 新規訪問数
  • 新規訪問の割合

この設定を入れるとこう見えます。

スクリーンショット 2011-07-24 11.31.58-1

指標グループ4

スクリーンショット 2011-07-24 11.29.21

ここにはサイト内検索に関係するものをいれました。

  • サイト内検索の利用数
  • 再検索数
  • 閲覧開始数
  • 閲覧開始数/ページビュー数
  • ページ滞在時間
  • 検索後の時間
  • 検索結果の離脱
  • 合計ユニーク数

この設定を入れるとこう見えます。

スクリーンショット 2011-07-24 11.32.14-1

ディメンションの詳細

スクリーンショット 2011-07-24 11.57.12-2

参照URL

この設定をいれるとこう見えます。

スクリーンショット 2011-07-24 11.57.48-1

マイレポート

2011072502

同じ語句がどこでも使われている場合、スクロールするのがツラいので、あえて同じ語句も説明してあります。

1:訪問数

サイトが何回訪問されたかを表す数です。同じ人がサイトを離れてまた訪問されるケースも考えられるためGoogleAnlytics(GA)では、一度サイトを離れて30分以内であれば、同一の訪問とカウントされます。

2:ページビュー数

訪問者が閲覧した”ページ数”をいいます。例えば、私が訪問したサイトで3ページ閲覧すると、ページビューは3になるわけです。

3:訪問別ページビュー

サイトを訪問している間に閲覧したページビューの平均34690(ページビュー数)÷24803(訪問数)=1.40

4:直帰率

サイトを訪問して1ページしかページを閲覧されなかった割合です。私のサイトの場合、24803(訪問数)×81.22%(直帰率)=20144人

20144人の方が、1ページしか閲覧されなかったことになります。

5:サイト滞在時間

閲覧者がサイトに滞在した平均時間

6:新規訪問数

初めてサイトを訪問した閲覧者の割合

ユーザーサマリー

2011072501

1:訪問数

サイトが何回訪問されたかを表す数です。同じ人がサイトを離れてまた訪問されるケースも考えられるためGoogleAnlytics(GA)では、一度サイトを離れて30分以内であれば同一の訪問とカウントされます。

2:ユニークユーザー数

ユニークユーザー数はサイトに訪問したユーザーのブラウザにあるCookieを識別し、その数を表します。

上の訪問数は、訪問回数をどんどんカウントしていきますがユニークユーザー数は重複を除いたユーザー数をカウントします。

※Cookieとは、ユーザーがサイトに訪問した時に、何回訪問されたかなどのデータをユーザーのブラウザに一時的に保存された情報をいいます。

例えば、私が同じサイトに10回訪問してもブラウザのCookieが訪問したことを覚えているために、GAは1回とカウントします。

3:ページビュー数

訪問者が閲覧した”ページ数”をいいます。例えば、私が訪問したサイトで3ページ閲覧すると、ページビューは3になるわけです。

  • 訪問数、ユニークユーザー数、ページビューの関係

例を使ってこの関係を説明いたします。

ルフィー君が、午前6時に私のサイトを訪れ、5ページ閲覧してサイトから離れました。

同じ日にルフィー君が午後3時に再度私のサイトに訪れ、3ページ閲覧してサイトを離れたとします。

この日の私の集計結果は、訪問数2、ユニークユーザー数1、ページビュー8のように表示され、サイトへの訪問が2回あり、人数は1人で、8ページ閲覧されたわけです。

上の画像に当てはめると、訪問数が24803回あり、34690ページ閲覧され、人数は21437人ということになります。

4:平均ページビュー数

サイトを訪問している間に閲覧したページビューの平均34690(ページビュー数)÷24803(訪問数)=1.40

5:サイト滞在時間

閲覧者がサイトに滞在した時間

6:直帰率

サイトを訪問して1ページしかページをえつらんしなかった割合です。私のサイトの場合、24803(訪問数)×81.22%(直帰率)=20144人

20144人の方が、1ページしか閲覧されなかったことになります。

7:新規訪問数

初めてサイトを訪問した閲覧者の割合

私のサイトの場合、24803(訪問数)×80.60%(新規訪問数)=19991人

19991人の方が初めて閲覧されたことになります。

トラフィック サマリー

2011072503

1:ノーリファラー

どこのサイトを経由して訪問したのか情報を得られなかった割合

2:参照元サイト

ノーリファラーと検索エンジンを除く、外部サイトを経由して訪れた割合

3:検索エンジン

閲覧者がつかった検索エンジン

4:none/ノーリファラーの意味

5:organic/リスティング(広告)以外の自然検索の結果

6:referral/参照サイトの意味

コンテンツ、コンバージョン

コンテンツ、コンバージョンとあります。ネットショップなら必要あると思いますが、ブログですと必要ないかと思います。

まとめ

これらの情報は自分のBlogをどうやって、見てもらっているかを判断できる材料だと思いますが、

そればかり気になってしまい、本来書きたい内容ではなくBlogを見てもらえるような記事を書くのでは、Blogライフはなかなか面白くなくなってきます。最高のBlogライフを送ってください。

今回の記事は、お友達に推奨できるくらいご満足していただけるものでしたでしょうか?何かいただけるとブログ更新の励みになります(^_^)♪

改善点がありましたらご指摘頂けますと幸いです。頂いたフィードバックを元に、
より良い記事を書けるように頑張ります。

アドバイスを頂ける方は、「コメント」欄より宜しくお願い致しますm(_ _)m


SPONSORED LINK




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ


track feed trackfeed